話題のグルメ

【アド街ック天国】クオヴァディスのストロッツァプレーティが登場!作り方・レシピもまとめ!【横浜・石川町】*8月1日*

2020年8月1日(土)【アド街ック天国】では横浜・石川町にある「QUO VADIS(クオ ヴァディス)」の『ストロッツァプレーティ』が紹介されていましたね!

イタリアの郷土料理を楽しめる他、こだわりのイタリアンワインもしっかり味わえるお店だそうですよ!ピザは薪窯で焼いてくれる本格的な作り!

今回紹介されたのは「QUO VADIS(クオ ヴァディス)」で人気の手打ちパスタです。

そこで今回は「QUO VADIS(クオ ヴァディス)」の『ストロッツァプレーティ』の値段・店舗情報とシェフがパスタの作り方を紹介していたのでレシピもまとめました!

【アド街ック天国】で紹介された『ストロッツァプレーティ』

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Zebra K Shimano(@zeb_ramen)がシェアした投稿

ストロッツァプレーティー
値段:

神父の首を絞めるという変わった名前のパスタ。イタリア中部ロマーニャ地方の郷土料理だそうで、お家でも作れる料理みたいですよ!

ストロッツァプレーティーの作り方・レシピ

実はストロッツァプレーティーは自宅でも作れる料理だそうで、シェフの方がまとめていました!

ストロッツァプレーティーのレシピ

材料

【ragu di salsiccia(ラグー ディ サルシッチャ)】

オリーブオイル:50cc

豚挽肉:500グラム

トマトペースト:100グラム

ニンニク刻んだもの:6ヶ分

黒胡椒:10ふり前後

海塩:10〜12グラム

ローリエ:二枚

ローズマリー刻んだもの:3グラム

カイエンヌペッパーホール:1本

白ワイン:200cc

水:適量

【strozzapreti(ストロッツァプレーティ)】

熱湯:500cc

塩 :3グラム

フランス粉もしくは強力粉 :600グラム

ストロッツァプレーティーの作り方

作り方

【ragu di salsiccia(ラグー ディ サルシッチャ)】

①ボールの中に[豚の挽肉][塩][胡椒][ローズマリー][ニンニク]を全て入れてハンバーグの要領で練ります。

②鍋に[オリーブオイル]と練ってある豚挽肉を入れて中火で肉がパラパラになるまでよくソテーします。

③肉がパラパラにほぐれたら[白ワイン]と[ローリエ][カイエンヌペッパーホール]を入れて、最後に水はひたひたより多めに入れて火を沸くまで強火にし、沸いたら弱火にして小一時間煮込みます。 この時水が少なくなってきたら足してください。

【strozzapreti(ストロッツァプレーティ)】

④別鍋に[水]と[塩]を入れて沸かす。

⑤ボールに用意した粉に①を入れ練る。最初は熱いので木べらなどで、粗熱がとれたら我慢しながらよく練ってください。

⑥綿棒で打ち粉をしながら伸ばして暑さ1ミリから厚くても2ミリ程度に伸ばして2センチくらいの太さに切ります。このパスタは他のパスタと違い練った後休ませなくても伸ばせます。

⑦手と手の間でこの切られたパスタを締めつけながら擦って作っていきます、このしめつける作業を繰り返してどんどん作ります。

⑧鍋にお湯を沸かし塩を入れ、海水より薄いくらいの塩加減にします。

⑨strozzapretiを入れ浮き上がってきたら煮込んだラグーにからめて出来上がりです! 

料理が好きな方はぜひチャレンジしてみてくださいね!

QUO VADIS(クオ ヴァディス)の店舗情報

店舗名 QUO VADIS(クオ ヴァディス)
住所 神奈川県横浜市中区石川町1-25 みつぼビル1F
アクセス 石川町駅」徒歩3分
営業時間 Lunch
11:30~14:30(LO)
Dinner
17:30~22:00(LO)
定休日 不定休 水曜はランチのみ
公式HP https://www.pizzeria-quo-vadis.com/
Instagram @quo_vadis0201

 

 

まとめ

 

2020年8月1日(土)【アド街ック天国】で紹介された横浜・石川町にある「QUO VADIS(クオ ヴァディス)」の『ストロッツァプレーティ』についてまとめてみましたよ!

本格イタリア料理を食べたい方はぜひ行ってみてくださいね!

adomaticktengoku-yokohama-ishikawatyou
【アド街ック天国】横浜・石川町のお店をまとめ!美食の下町*8月1日*2020年8月1日(土)【アド街ック天国】では横浜・石川町にある美味しい名店が紹介されていましたね! イタリアンやパン屋さんなど様...