暮らし

ネットスーパーで一番安いのはココ!イオン・アマゾン・西友の比較表まとめ!

vegetable-samune

 

新型コロナウイルスの影響で、なかなか外出することが難しい…

そんな時便利なのが、自宅にいながら日用品や新鮮な食材を届けてくれる「ネットスーパー」!

 

ただ、ネットスーパーも様々な種類があるので、どこのネットスーパーが良いのか比較して見てみたいと感じている方も多いのではないでしょうか!

 

そこで、この記事では、ネットスーパーを選ぶ際に特に押さえておきたい下記の項目について「イオンネットスーパー」「Amazonフレッシュ」「Rakuten SEIYUネットスーパー」を比較してみました!

比較した項目

  • 品揃え
  • 商品の値段・安さ
  • 会員費・年会費
  • 配送料
  • 配送エリア

ネットスーパー選びの参考になれば幸いです!

 

ネットスーパー『品揃え』比較

vegetable-samune

ネットスーパーで重要なポイントである「品揃え」!

特に生鮮食品の品揃えは気になる部分だと思いますので、「野菜・果物」「お肉」「お魚」の商品の件数を比較しました!

生鮮食品 野菜・果物 お肉 お魚
イオンネットスーパー 120件 285件 148件
Amazonフレッシュ 412件 329件 196件
SEIYUネットスーパー 152件 372件 142件

※イオンネットスーパーは「イオン調布センター」の情報です。

結果、お肉の商品の数は「SEIYUネットスーパー」が若干多かったですが、それ以外は「Amazonフレッシュ」が一番商品数が多いことがわかりました!

 

ネットスーパー『商品の値段・安さ』比較

price-samune

ネットスーパーを選ぶ際に「商品の値段の安さ」も重要なポイントですよね!

今回は、生鮮食品の中で、どのネットースーパーでも販売されていた商品「玉ねぎ1個」「国産豚肉こまぎれ100g」「塩サバ1枚の値段を比較してみました!

 

生鮮食品 玉ねぎ1個 国産豚肉こまぎれ100g 塩サバ1枚
イオンネットスーパー 66円 128円 199円
Amazonフレッシュ 56円 111円 99円
SEIYUネットスーパー 57円 107円 99円

※値段は全て税別価格
※イオンネットスーパーは「イオン調布センター」の情報です。

結果、「Amazonフレッシュ」「SEIYUネットスーパー」はあまり変わらず、「イオンネットスーパー」の商品の値段が比較的高いことがわかりました。

 

ネットスーパー『会員費・年会費』比較

pay-samune

ネットスーパーを利用する際に地味に気になる「会員費や年会費」。

それぞれのネットスーパーの「会員費・年会費を比較しました!

生鮮食品 会費
イオンネットスーパー 無料
Amazonフレッシュ Amazonプライム会員(月額500円)
※Amazonフレッシュ会員は更に月額+500円
SEIYUネットスーパー 無料

 

結果「Amazonフレッシュ」のみ会員費がかかることがわかりました。

AmazonフレッシュはAmazonプライム会員でないと利用できません

また、注文金額4,000円以上で配送料が無料になるAmazonフレッシュ会員(月額500円)もありますが、入らなくても利用できますし、メリットがあまりないので入る必要はないと思います。

Amazonフレッシュは、月額500円という費用がかかってしまうのは少しハードルが高いですが、

Amazonプライム会員になると、Amazonフレッシュ以外にもAmazonプライムビデオやAmazonミュージックなど、利用できるサービスが多いのでAmazonプライム会員になる価値は十分にあると思います!

 

ネットスーパー『配送料』比較

deliverly-samune

ネットスーパーを利用する際に気になる「配送料」。

それぞれのネットスーパーで細かく設定されているので、下記にまとめました!

 

比較した結果、配送料はどこも300円台ですが、ネットスーパーを利用する頻度やお住いの地域によって選択肢が変わると思いますので、下記をご確認ください!

 

イオンネットスーパーの配送料

  • 近隣エリアA地域:注文金額にかかわらず配送料300円(税込330円)
  • 広域エリアB地域:注文金額にかかわらず配送料500円(税込540円)
  • 広域エリアC、D地域:注文金額にかかわらず配送料1,000円(税込1,080円)

※1回のご注文可能金額は700円(税抜)以上、15万円(税抜)以下

配送料は、店舗、配送エリアによって異なります。どの地域に当てはまるかは、イオンネットスーパー会員ページにログインの上、ご自身の登録店舗の詳細をご確認ください。

イオンネットスーパーは、購入金額に関わらず配送料がかかります。そして、お住いの地域が広域エリアになっていると配送料は割高になります。

まずは、どの地域に属しているのか確認しておきましょう!

以前は、注文金額5,000円以上で配送料無料というときもありましたが、注文金額に関わらず配送料がかかるようになりました!

 

Amazonフレッシュの配送料

  • Amazonプライム会員(月額500円):4,000円以上の場合は390円、10,000円以上で配送料が無料
  • Amazonフレッシュ会員(月額500円※):4,000円以上で配送料が無料

※1回のご注文可能金額は4,000円(税込)以上

※Amazonフレッシュ会員はAmazonプライム会員であることが条件なので、Amazonフレッシュ会員費は実質1,000円かかります。

 

Amazonフレッシュは、注文金額10,000円以上で送料が無料になりますが、そもそもAmazonフレッシュを利用するには、月額500円のAmazonプライム会員になる必要があります。

また、1ヶ月間で頻繁に利用される方は、Amazonフレッシュ会員(Amazonプライム会員費と合わせて月額1,000円)であれば、最低注文金額4,000円以上で無料になりお得です。

ちなみに、我が家では、Amazonフレッシュ会員には入らず、1回の注文で10,000円を超えるように注文してAmazonプライム会員費の月額500円で利用しています!

 

Rakuten SEIYU ネットスーパーの配送料

  • 配送料330円(税込) ただし、ご注文商品の合計額が一定額以上で送料無料

※お届け日時によって送料無料となる金額が異なり約5,000円〜6,000円以上の購入金額で送料無料

※送料が無料になる金額については、Rakuten SEIYUネットスーパーにログイン後「お届け日時選択」画面にてご確認ください。

SEIYUネットスーパーの配送料は、一律で330円ですが、注文金額が一定以上になると配送料が無料になります!

ただこの配送料無料になる金額は、お届け日時によって変わるようで、目安としては約5,000円〜6,000円以上で配送料無料になる感じでした。

 

 

ネットスーパー『配達エリア』比較

deliverly-2-samune

ネットスーパーを利用する上で大事な「配送エリア」。

そもそもこの配送エリアに含まれていなければネットスーパーを利用できないので確認が必要です!

 

それぞれのネットスーパーを比較した結果、イオンネットスーパーが一番配達エリアが広いことがわかります。

ネットスーパーの配達エリアが広い順

  1. イオンネットスーパー
  2. Rakuten SEIYU ネットスーパー
  3. Amazonフレッシュ

それぞれのネットスーパーの配達エリアの詳細は下記にまとめました!

 

イオンネットスーパー

北海道エリア以外

※他の都府県も一部対象外の地域あり。

配送可能な担当店舗があるかの確認はこちらからご確認ください!

 

Amazonフレッシュ

東京都 : 世田谷区・目黒区・千代田区・中央区・台東区・墨田区・江東区・渋谷区・品川区・大田区・港区・杉並区・新宿区・文京区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・調布市・狛江市

神奈川県 : 川崎市(高津区・中原区・多摩区・宮前区・川崎区・幸区・麻生区)、横浜市(西区・神奈川区・港北区・中区・都筑区・緑区・鶴見区・南区・磯子区・保土ケ谷区・旭区・青葉区)

千葉県 : 浦安市、市川市

※上記地域でも一部ご利用いただけない地域があります。

 

Rakuten SEIYU ネットスーパー

北海道、宮城県、福島県、千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県、長野県、愛知県、滋賀県、京都府、奈良県、兵庫県、大阪府、福岡県、長崎県、熊本県

さらに、お住いの市区町村、丁目などが配送エリア内であるかの確認についてはこちらからご確認ください!

 

 

 

ネットスーパー比較まとめ

 

そこで、この記事では、ネットスーパーを選ぶ際に特に押さえておきたい各項目について「イオンネットスーパー」「Amazonフレッシュ」「Rakuten SEIYUネットスーパー」を比較してみました!

 

ネットスーパーを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです!