フォトジェニックなカフェ

【新大久保】ソウルティラミスのメニューと値段!場所・アクセスもご紹介!

seoultiramisu-samune

 

新大久保にあるティラミス専門店「ソウルティラミス」。

 

美味しいだけでなく、カップに入ったティラミスがとっても可愛らしいので話題になっています!

 

この記事では、新大久保にある「ソウルティラミス」のメニューと値段などをご紹介します!

 

ソウルティラミスのメニューと値段

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Seoul_tiramisu(@seoul_tiramisu)がシェアした投稿

ソウルティラミスでは、ドリンクメニューなどはなく、5種類のカップ入りティラミスのみの販売です!

オリジナル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

なつみ(@n___tm12)がシェアした投稿

オリジナル
値段:650円(税込)

ソウルティラミスで定番のメニュー「オリジナル」です!

マスカルポーネクリームとスポンジがカップの中にたっぷり入っていて、満足感のある1品です!

 

イチゴ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

美佑(@_miyu_ari_)がシェアした投稿

イチゴ
値段:680円(税込)

ソウルティラミスで一番人気のメニュー「イチゴ」です!

マスカルポーネクリームとスポンジの中には、少し凍ったイチゴピューレが入っていてシャリっとした食感も楽しめます!

トップに丸々イチゴが一つ乗っているのも可愛らしいですよね!

味は、ティラミスというよりはショートケーキに近いそうです!

 

ブルーベリー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

hamuchan914(@hamuchan.914)がシェアした投稿

ブルーベリー
値段:680円(税込)

マスカルポーネクリームとスポンジの中にブルーベリージャムが入っていて、上にも生のブルーベリーがトッピングされています!

 

抹茶

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キュウイ(@kyochannopen)がシェアした投稿

抹茶
値段:650円(税込)

マスカルポーネクリームとスポンジの上に抹茶パウダーがかかっていて、苦味がアクセントになり大人の味わいです!

 

オレオ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@e__toiiileがシェアした投稿

オレオ
値段:650円(税込)

ソウルティラミスで2番人気の「オレオ」です!

マスカルポーネクリームとスポンジの中にもザクザクとしたクランチが中にもたっぷり入っています!

 

 

ソウルティラミスの場所・アクセス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

chiho(@_03_7412)がシェアした投稿

店舗名 ソウルティラミス
住所 東京都新宿区大久保1-15-8
アクセス JR山手線 新大久保駅 徒歩5分
東京メトロ副都心線 東新宿駅(A1) 徒歩6分
西武新宿線 西武新宿駅(北口) 徒歩7分
営業時間 11:00〜
定休日 不定休
Instagram @seoul_tiramisu

 

 

望遠洞ティラミスとの関係性は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

망원동티라미수(@mangti_official)がシェアした投稿

韓国で大人気のティラミス専門店「望遠洞(マンウォンドン)ティラミス」と見た目がそっくりなことから、日本進出したのかと思った方もいらっしゃるようです。

上記は「望遠洞(マンウォンドン)ティラミス」公式アカウントの画像ですが、全く同じですよね!

 

ただ、日本の「ソウルティラミス」と韓国の「望遠洞(マンウォンドン)ティラミス」は全く無関係だそうです。

 

ソウルティラミスの公式Instagramのプロフィール欄にも関係がないことが記載されています。

韓国にも同じようなお店がありますが、当店とは関係ありません。

引用:ソウルティラミスInstagram

 

無関係とは言え、見た目から全てそっくりすぎるので、このまま営業し続けられるか心配ですね。

 

 

まとめ

 

この記事では、新大久保にある「ソウルティラミス」のメニューと値段などをご紹介します!

 

韓国で人気の「望遠洞(マンウォンドン)ティラミス」とそっくりという意味でも話題になっているようですが、全く無関係ということなので、このまま営業していけるのかも気になるところです。