カフェチェーン

【スタバ】ドリンクのサイズの読み方と容量!値段がお得になるサイズも紹介!

スタバ ドリンク サイズ

 

「Starbucks(スターバックス)」のドリンクは、4種類のサイズを選択することができます。

 

ただ、あまりスタバに行き慣れていない方にとっては、

サイズ感がわからず、スタバで注文するのが怖いと感じている方もいるのではないでしょうか。

ネコさん
ネコさん
スタバのサイズわからなくてレジ前で緊張しちゃう…

 

そこで今回は、スタバのドリンクのサイズについて、読み方や値段の比較などを紹介します!

ネコさん
ネコさん
スタバで注文する際の参考にしてみてね!

 



スタバのサイズは何語なの?読み方を解説

サイズの読み方は英語とイタリア語

スタバ サイズ

【スタバ】のドリンクのサイズは英語とイタリア語の読み方があります。

「Short・Tall」は英語で「Grande・Venti」はイタリア語です。

サイズの読み方

  • Short  ショート(英語で低いという意味)
  • Tall   トール(英語で高いという意味)
  • Grande  グランデ(イタリア語で大きいという意味)
  • Venti  ベンティ(イタリア語で20の意味)

 

それぞれ、ざっくり以下のようなイメージを持っておけばOKです。

  • 「Short(ショート)」は、Sサイズ
  • 「Tall(トール)」は、Mサイズ
  • 「Grande(グランデ)」は、Lサイズ
  • 「Venti(ベンティ)」は、XLサイズ

 

ちなみに、サイズ名がとっさに出てこなくなっても「Mサイズ」でも伝わるので心配いりません。

スタバの店員さんは、サイズがわからなくても優しく対応してくれます。

ネコさん
ネコさん
そこまで心配しなくても大丈夫!

 

なぜ読み方が英語とイタリア語に分かれているのか?

スターバックスは、アメリカで創業しましたが、

創業者がイタリアに訪れた際に飲んだエスプレッソに感銘を受けてアメリカ流にアレンジしたのが始まりです。

そんなイタリアに思入れがあるため、サイズにイタリア語を使っているそうですよ!

 

ちなみに海外では「Short(ショート)」サイズはなく、

Trenta(トレンタ)」というビッグサイズが存在します。

 

「Trenta(トレンタ)」はイタリア語で30を意味する言葉で、なんと900mlという大容量!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mitsuru(@kasahara326)がシェアした投稿

かなり大きいですね…

日本では販売されていないので、アメリカへ旅行に行った際はぜひ飲んでみてください!

ネコさん
ネコさん
見るだけでお腹いっぱい…

 

 



【スタバ】のドリンクのサイズ・容量

スタバ サイズ

Short:ショート(240ml)

Short(ショート)
容量:240ml

【容量のイメージ】

「ショートサイズ」は、飲みきりサイズの缶と同じくらいの容量です。

ササッと飲みたいときや気軽に飲みたい時におすすめのサイズですね。

 

Tall:トール(350ml)

Tall(トール)
容量:350ml

【容量のイメージ】

「トールサイズ」は、コーラなどの一般的な缶飲料と同じくらいの容量です。

ゆっくり味わいたい方やテイクアウトをしたい方におすすめの量感です。

飲みながら移動したりするのに最適なサイズですね!

 

サイズの比較イメージ

ショート トールショート(240ml)とトール(350ml)

 

Grande:グランデ(470ml)

Grande(グランデ)
容量:470ml

【容量のイメージ】

starbucks-size-grande

「グランデサイズ」は、500mlペットボトルより少ないくらいの容量です。

仕事をしながら飲んだり、読書を楽しむお供に最適なサイズですね!

店内でゆっくり味わうのがおすすめですよ!

 

サイズの比較イメージ

グランデ トールグランデ(470ml)とトール(350ml)

 

Venti:ベンティ(590ml)

Venti(ベンティ)
容量:590ml

【容量のイメージ】

「ベンティサイズ」は、お茶系飲料に多い600mlペットボトルと同じくらいの容量です。

スタバのドリンクをとにかくたくさん飲みたい方におすすめのサイズです!

 

ただドリンクによってはカロリーがかなり高くなるので、カロリーを気にされる方は注意が必要です!

 

サイズの比較イメージ

トール ベンティトール(350ml)とベンティ(590ml)

 

 



どのサイズがお得か値段を比較!

それぞれのサイズを100mlあたりの値段にすると以下のようになります。

ドリンクによって値段が異なるので、

今回はキャラメルマキアートを例にしています。

サイズ 100mlあたりの値段
※キャラメルマキアートの場合
Short:ショート 162円
Tall:トール 122円
Grande:グランデ 100円
Venti:ベンティ 86円

やはり容量の多い「ベンティサイズ」が1番コスパが良いことがわかります!

ネコさん
ネコさん
ショートサイズと比較すると2倍くらいコスパが良くなるね!

 

ちなみに、スタバのサイズは+40円でサイズアップすることが可能です。

サイズアップする際の金額と量

  • ショート:240ml
  • トール :350ml(ショートサイズに+40円110ml追加)
  • グランデ:470ml(ショートサイズに+80円230ml追加)
  • ベンティ:590ml(ショートサイズに+120円350ml追加)

「ショートサイズ」と「ベンティサイズ」の金額の差は120円に対し、容量は倍以上あります。

また「グランデサイズ」でも、+80円でショートサイズをもう1杯分飲めてしまう計算なんです!

 

一度にたくさん飲む方はより大きいサイズを頼むのがお得ですよ!

※一部ドリンクはサイズが選べない場合があります。

 

サイズ以外でお得飲む方法

スタバ】にはサイズ以外でもお得に飲む方法があります。

 

ドリップコーヒーやカフェミストなど、一部のドリンク限定ですが、

購入した日は、2杯目がお得になりますよ!

 

2杯目がお得になる「スタバのワンモアコーヒー」についてはこちらで詳しく解説しています。

スタバ ワンモアコーヒー
【スタバでおかわり】ワンモアコーヒー対象ドリンクの種類と値段!頼み方やよくある質問もまとめ! Starbucks(スターバックス)で、コーヒーのおかわりができるサービス「One More Coffee(ワンモアコーヒー)」。 ...

 



まとめ

 

今回は、スタバのドリンクのサイズ・値段・お得なサイズ、読み方などを紹介しました!

ぜひ、スタバで注文する際の参考にしてください!

ネコさん
ネコさん

これでスタバのサイズはバッチリだね!

 

 

「スタバのソース」についてはこちら

chocolate
【スタバのソース】種類やカロリーまとめ!おすすめカスタマイズとシロップとの違いも紹介! Starbucks(スターバックス)ではカスタマイズをする際に様々なトッピングを加えることが出来ます! その中でも人気のトッピング...

「スタバのシロップ」についてはこちら

starbucks-syrup
【スタバ】シロップの全種類の特徴やカロリーまとめ!おすすめの使い方・ポンプの購入方法も紹介! Starbucks(スターバックス)のドリンクには、様々なシロップが使われています。 このシロップを変更したり追加をしてカスタムす...

「スタバのミルク」についてはこちら

starbucks_milk
【スタバ】ミルクの種類と特徴まとめ!カスタマイズにおすすめなドリンクも紹介! スターバックスのドリンクは、様々なカスタマイズをすることができますが、 ミルクもカスタムが可能で、気分や好みに合わせてドリンクを楽...